荒地の魔女がハウルの心臓を狙うのは何故か?魔女の本当の目的とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


ハウルの動く城

「ハウルの動く城」は、魔法使いキャラが集結している作品です。
その中でもインパクトがあるのが、荒地の魔女ですね。
本名は一切明かされず、「荒地の魔女」と呼ばれ続けます。

荒地の魔女は、最初から最後までハウルの心臓を狙います。
ハウルの心臓を執拗に狙うのは何故でしょうか?

スポンサーリンク

ハウルは自分から荒地の魔女に近づいたのに逃げ出した

「ハウルの動く城」の冒頭から、ハウルは荒地の魔女の手下に追われています。
たまたま居合わせたソフィーは、ハウルと一緒に逃げます。
後日、ハウルは、自分が荒地の魔女に追い回されていることをソフィーに打ち明けます。

「僕は本当は臆病者なんだ。このがらくたは、全部魔女よけのまじないなんだよ。」

ソフィーは、当然の質問をします。

「ハウルはどうして荒地の魔女に狙われてるの?」

ハウルは、かつて自分から荒地の魔女に接近したことがあると明かします。

「面白そうな人だなと思って、僕から近づいたんだ。それで逃げ出した。恐ろしい人だった…」

若き日の荒地の魔女と少年だったハウルとの出会いは、「ハウルの動く城」には描かれていません。
それが描かれていると言われているのが、三鷹の森ジブリ美術館で上映されている「星をかった日」という短編映画です。
「星をかった日」のノナとニーニャには、荒地の魔女とハウルの過去という裏設定があるとされています。

この裏設定については、「星をかった日」の作者・井上直久氏自身が、ファンのツイートに応える形で言及しています。

「私は宮崎駿さんから直接聞きました。あの魔女とはあんまりだ、せめてサリマン先生にしてくれと(笑)言ったんですが、イヤそうなんですと譲られませんでした。」

→ハウルの動く城!ハウルとソフィーのその後!二人は家族になったのか!?

若い恋人の心臓が自分のものになれば若さを保てる!?

近づいてきたハウルと荒地の魔女との間に何があったのか?
鈴木敏夫プロデューサーは次のように言っています。

「簡単にいうと、少年だったハウルの童貞を破ったのは、荒地の魔女です。それが、ソフィーにいくわけでしょう、映画の冒頭。それを見た荒地の魔女が怒り狂って、おばあちゃんにしちゃうっていう話でしょう。」

荒地の魔女は、ハウルと恋人関係にあった時期があるわけです。
荒地の魔女も、映画の後半でソフィーと次のようなやり取りをしています。

ソフィー「おばあちゃん、恋をしたことあるの?」
荒地の魔女「そりゃしたね。今もしてるよ」
ソフィー「え?」
荒地の魔女「男なんか仕方のないものだけどね、若い心臓は良いよ」

近寄ってきた美少年ハウルと恋愛関係になった荒地の魔女は、自分を捨てていったのが許せなくて、ハウルを追い回し、そのハートを取り戻そうとしたとも言えます。
魔力を失う前の荒地の魔女は、肥満体といえども、若々しさを保っていました。
若さへの渇望が、若いハウルの心臓に執着する理由の一つだったと考えられるでしょう。

スポンサーリンク

→ハウルの動く城!戦争理由の原因は魔女!?その後はどうなったのか?

悪魔と取引したために荒地の魔女にも心臓がなかった!?

そもそも荒地の魔女には心臓が無かったと考えられます。
荒地の魔女から魔力を奪ったサリマンは、荒地の魔女について次のように語っています。

「その人も昔は素晴らしい魔法使いでした。悪魔と取引をして身も心も食い尽くされてしまったのです。」

悪魔との取引がどのようなものなのかは、物語の後半でハウルとカルシファーのケースとして紹介されています。

星の子は、流れ星となって地上に降りてくると、そのまま死んでしまいます。
星の子に生を与える契約をしたハウルは、星の子に自分の心臓を預けます。

心臓を預かった星の子は、相手に魔力を与えますが、心臓を預かっている時間が長くなるにつれて、相手の心を支配してしまいます。
すでにハウルも、化け物に変身するようになっていました。

荒地の魔女も化け物に変身するようになっていたのでしょう。
自分の変化を感じた時、荒地の魔女は、自分に心臓がないことがもたらす弊害を知ります。
星の子の自殺衝動が高まると、星の子は契約者の中から出てしまい、契約者は魔力も失います。

魔力を保ったまま、星の子の暴走を食い止めるために、荒地の魔女は、魔法使いの心臓を欲しがったと考えられます。

→ハウルの動く城の謎!ソフィーは呪いを受けても元気だった理由とは!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする