ゲゲゲの鬼太郎!名無しの正体!?陰陽師・一刻堂との関係性は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

↓ ↓ ↓
ゲゲゲの鬼太郎を1〜5期を観る

第6期「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する怪人・名無し。
死神のような出で立ちに、不気味な面を被り、正体不明です。
何を目的として動いているのかも不明です。

名無しの正体は何でしょうか?

スポンサーリンク

まなとつながりがある!?不気味な呪文の意味は?

名無しは、まなとなんらかのつながりがある様子で描かれています。
「ゲゲゲの鬼太郎」の12話の最後に、まなにそっくりな少女が、鎌や刀を振りかざした侍風の男に斬り殺される場面が挿入されています。
さらに、まなを傍観している最中に、名無しは「うつろなうつわ、うつろなうつわ…」と、不気味につぶやいています。

「うつろなうつわ」というのが、どんな意味を持つのかは、まだ明らかにされていません。

「ゲゲゲの鬼太郎」の12話は、まなが鬼太郎を助ける話です。
かなめ石の力によって鬼太郎が石にされてしまったことを知ったまなは、「人間だったら平気なんじゃない?」と言って、かなめ石の元に急行します。
かなめ石を守る狸たちと鬼太郎を案じる妖怪たちとの戦いが繰り広げられる中、まなも刑部狸の呪いを受けて、狸の姿に変貌していきます。

まなは、理性が保てず、目玉おやじに攻撃をしかけますが、ねこ娘の必死の訴えが届き、鬼太郎との思い出が蘇ります。
一反木綿が刑部狸に襲いかかり、まなにかけられていた呪いが解けます。
まなはかなめ石を壊し、鬼太郎の石化を解きます。

→鬼太郎の父親目玉おやじ!昔はイケメンではなく重病にかかって見た目は×××だった

まなの腕に木の文字を刻んで呪いをかけた目的は!?まなに接近した意図は何なのか?

まなの活躍は、鬼太郎の石化を解いただけにとどまりませんでした。
妖怪獣の攻撃を受けた鬼太郎たちをも救います。
まなが強力な力を得たのは、かなめ石に触れたためでした。

かなめ石に触れた方のまなの手は、虹色に輝き、何やら文字が浮かび上がっていました。
まなからかなめ石の力を注ぎ込まれた鬼太郎は、強力になった指鉄砲で妖怪獣を倒します。
倒れた妖怪獣からあふれ出した妖気に、まなの手には「木」という赤い文字が浮かび上がりました。

まなの右腕に「木」と刻んで呪いをかけたのが、名無しです。

名無しは、蛟龍が倒された時に、人間たちから発せられる邪気を集め、蛟龍の亡骸も邪気に還元した上で、まなの右腕に「木」と刻んだのです。
ただし、その行動の意味するところや目的は、明らかにされていません。

スポンサーリンク

→妖怪は本当に実在するのか⁉︎鬼太郎に登場する妖怪は本当にいるの?

名無しが逆五芒星を使うのは!?一刻堂との関係性は?

名無しは、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪たちの中でも、八百八狸たちや妖怪城の一派など、特に強力な妖怪たちとつながりを持ちます。

陰陽道を思わせる怪しげな術を用いて、妖怪たちの封印を解いています。
邪悪な雰囲気を漂わせ、悪霊や怨霊などの化身に見えます。

戦いが終わって気が緩んでいる鬼太郎を狙い、“逆五芒星”が刻まれた矢を射かけています。
逆五芒星は、地獄や悪魔とつながりがあるとされていますが、鬼太郎シリーズでは鬼太郎たちは日本の地獄とは信頼関係を築いています。

「五芒星」を鬼太郎側に使ったことがあるのは、アニメ第4期に登場した陰陽師の一刻堂です。

一刻堂は、500年前に先祖がぬらりひょんと交わした契約により、鬼太郎抹殺の依頼を受けます。
鬼太郎一派をおびき出し、五芒星の秘術によって拘束し、鬼太郎も消滅の危機に追い詰められます。

しかし、ぬらりひょんのミスで術が失敗し、「妖怪は居てはならないものだが、同時に居なくてはならないものでもあり、私は君たちの存在を消すことを好まない」と、和解して去っていきます。

名無しと一刻堂との関わりは不明なままです。

→鬼太郎に片目がない理由!目玉のおやじの正体と誕生秘話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする