名探偵コナン!黒ずくめの組織の目的は×××なのか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
今すぐHuluで名探偵コナンを全話視聴する

「名探偵コナン」はコナンの活躍が描かれていますが、コナンの目的は「黒ずくめの組織」の情報を手に入れ、元の体に戻ることです。
コナンが追い続けている「黒ずくめの組織」は、世界中に拠点を置く大規模な犯罪組織です。
「黒ずくめの組織」のボスが「烏丸蓮耶」であることは明らかにされましたが、その目的は何でしょうか?

スポンサーリンク

コナンの存在が最大のヒントだった!?

「コナン」は、幼児化した工藤新一が素性を隠すために名乗っている仮の名前です。
「コナン = 工藤新一」と知っている灰原は、コナンに、次のように語ったことがあります。

「あなたは夢にも思っていないでしょうね。あなたはすでに、我々組織が半世紀前から進めていた極秘プロジェクトに深く関わってしまっているなんて…」

コナンと黒ずくめの組織との接点は、取引現場を目撃した工藤新一が、試作段階の毒薬「APTX4869」を飲まされたことです。
本来ならそれで中毒死するはずでしたが、組織が詳細を把握していなかった副作用で、工藤新一は死ぬことなく、幼児化した姿で生き残ります。

ただし、「APTX4869」は、もともとは毒薬として開発されたものではなく、偶発的な副作用である「幼児化」が、組織の求めていた効果だったことが、ピスコの発言から分かります。

「APTX4869」を飲んで幼児化してしまった灰原を見て、ピスコは次のように言っています。

「素晴らしい!」「開発中の薬の事はよく聞かされていたんだよ…」
「でも、まさかここまで君が進めていたとは…」
「事故死したご両親もさぞかしお喜びだろう…」

→【名探偵コナン】黒の組織ボス「あの方」の正体はこの人です!

死者を蘇らせるのが目的ではない!?

黒ずくめの組織の目的を知っているはずのベルモットは、「APTX4869」の開発に携わっていた灰原と同じ趣旨の発言をしています。

「我々は神でもあり悪魔でもある。なぜなら時の流れに逆らって、死者を蘇らそうとしているのだから…。」

灰原が口にした「時の流れに逆らえば、人は罰を受ける」と趣旨が同じです。

黒ずくめの組織の目的を達成するためのキーアイテムが「APTX4869」だと考えられます。
そのままシンプルに考えると、組織の目的は「死者を蘇らせること」になります。

しかし、薬の開発に携わっていた灰原は、この点を否定しています。

「死者を蘇らせる秘薬…」
「とでも言えば満足かしら?」
「まあ安心しなさい…私の研究の目的はそんな夢のような薬じゃないわ…」

では、不老不死が組織の目的でしょうか?
灰原と同じ趣旨の発言をしていたベルモットは、歳をとらない不老状態です。

また、黒ずくめの組織は、不老伝説で有名な美国島を訪れています。
しかし、『ダ・ヴィンチ』2014年5月号で作者は不老不死説を直々に否定しています。

スポンサーリンク

→烏丸蓮耶の正体とは !?黒幕は阿笠博士ではなく何故光彦が浮上したのか?

黒ずくめの組織の目的は×××だった!?

黒ずくめの組織の目的を達成するためのキーアイテムを開発していた灰原は、次のように語っています。

「この地球のほとんどの人間にはその価値を見出せない愚かしい…」
「そう…この小さな国の女の子にしか必要とされない…」
「雛人形のような物だもの…」

「APTX4869」の副作用は、幼児化しても頭脳はそのままである点に特徴があります。

しかし、幼児化した姿は、同年代の子供たちのように自然に成長する事はありません。
劇場版「天国へのカウントダウン」では10年後の顔を予想する機械が登場します。
コナンと灰原はエラーになってしまいます。
これは、2人の成長が止まっていたためと考えられます。

灰原が開発をさせられていた薬は、この弱点を補うものだったと考えられます。
つまり、「成長や老化を促す」薬です。

「APTX4869」で時の流れに逆行し、灰原が開発させられていた薬を飲むことで成長や老化が再び始まると考えるのが自然でしょう。
幼児化と成長を繰り返し、半永久的に生まれ変わりを実現することで、世界を動かすのが黒ずくめの組織の目的だったと考えられます。

→【名探偵コナン考案】あの方=光彦だと思われる3つの理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする