ハウルの動く城!本当は怖い都市伝説・裏設定・トリビア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


ハウルの動く城

そのダイナミックなストーリーが話題になり、2004年の公開から現在まで根強い人気を誇る「ハウルの動く城」。
スタジオジブリの作品は都市伝説が絶えませんが、「ハウルの動く城」も多くの怖い都市伝説があります。

スポンサーリンク

もともとは細田守氏が監督を務める予定だった⁉︎

「ハウルの動く城」は、当初、ジブリの人間が監督する予定は無かったと言われています。
監督を務める予定だったのは、当時、東映アニメーションに在籍していた細田守氏だったとされています。
絵コンテも3分の2くらいまで出来上がっていたそうです。

細田守氏の絵コンテはジブリに死蔵されているという都市伝説があります。

公式には細田守監督で制作されなかったのは、細田守監督の母親が脳梗塞になって体調を崩したためとされています。

しかし、都市伝説では、突然の降板で細田守氏はひどく落ち込んでしまったと言います。
細田守氏は、ジブリに入社しようと試験を受けたことがあったそうです。
カットを2枚提出するという課題で150枚以上を提出したと言われています。
その時、宮崎駿監督は、「君はうちにいない方が才能が伸びる」という手紙を書いて採用しなかったそうです。

→かぐや姫の物語!意外と知らないかぐや姫の都市伝説&怖い話&謎

宮崎駿監督はソフィーから魔法を操る力を奪った⁉︎

「ハウルの動く城」の原作ではソフィーは魔法少女です。
ソフィーは、「命を吹き込む魔法」を操る白魔術師です。
原作では、カルシファーもカブもハウルも、荒地の魔女さえもソフィーに癒されていきます。

アニメでは、ソフィーは魔法使いではなく、普通の少女として描かれています。
宮崎駿監督は、ソフィーを気持ちの優しい普通の女の子に変えてしまっています。

その代わり、ソフィーに与えられたのが、気分次第で外見を変える力でした。
ソフィーは、呪いで老婆の姿に変えられてしまいますが、ある時は少女の姿に戻ります。
これは、「外見は心のあり方に従う」という宮崎駿監督のポリシーとされています。

→ジブリ・かぐや姫の物語!罪と罰、かぐや姫は何をしたのか!?

ソフィーが老婆になったのはアレルギーだったから⁈

「ハウルの動く城」の都市伝説の中でもとりわけ怖いのが、「ソフィーはアレルギーで老婆の姿になった」というものです。「ハウルの動く城」の原作者はアレルギー体質でした。

アレルギーというのは、普通、タンパク質に対して反応するものですが、原作者は「牛乳アレルギー」を発症していたと言います。
アレルギーの結果、髪の毛が白髪になり、皮膚には多くのシワが寄っていたそうです。
「ハウルの動く城」の原作者はもともと他人との触れ合いが苦手でしたが、外見の変化に伴い、対人関係が一層苦手になったと言います。

そうした原作者の姿が、ソフィーに投影されたという話が都市伝説としてささやかれています。

→火垂るの墓!西宮のおばさんと清太達との関係!叔母は本当に悪なのか!?

ソフィーが自信を持てないのは長女だから⁉︎

ソフィーは控えめな性格で、自分に対して自信を持てないでいます。
これは原作にも出てきます。ソフィーは長女です。

そして、イギリスのおとぎ話には「長女は運が悪いから、何をしても成功できない」という迷信が出てきます。イギリスではこの迷信が広まっているようです。

「ハウルの動く城」では、ソフィーはハウルに触れていくうちに、次第に変化していきます。
それは宮崎駿監督の考えなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

→火垂るの墓!貯金7000円は現在では幾ら位?金があるのに栄養失調になるのは何故

ハウルの城が動く理由は×××だから⁉︎

「ハウルの動く城」は、原作では実際に動いて移動する城という感じではありませんでした。
原作では、「別のところにつながる扉を持つ城」でした。
原作では、都合が悪くなった時に、「ソフィーの帽子屋」につなげて使ったりもしています。
城の内部の部屋数は多くありません。

「どこにあるか分からない城」を造形したのは、「女性に追いかけられないため」「フラれた女性から逃げている」などの設定が原作にあったためです。
それを宮崎駿監督は、実際に歩かせてしまっています。

「ハウルの動く城」では、政府や戦争から逃げているという政治的な理由に変えられています。そのため、アニメの後半部分は原作と全く違ったものになっています。

→火垂るの墓は実話なのか?舞台はどこなのか!?

ハウルとソフィーはこの世では結ばれない⁉︎

「ハウルの動く城」は、「魔法使いハウルと火の悪魔」という話がもとになっています。
この話とジブリ映画の「ハウルの動く城」ではエンディングが異なります。
ジブリ映画ではハッピーエンドで幕を閉じます。

しかし、原作では、互いを知り合ったハウルとソフィーは、この世で幸せに結ばれることはありません。ハウルはソフィーを目の前にして倒れこみ、命を落としてしまいます。

そして、その後を追うようにソフィーも亡くなります。
2人は天国で結ばれるという、いささか怖い結末になっています。

→ゲド戦記の怖い都市伝説・裏話・謎をまとめてみた

声優陣にも都市伝説があった⁉︎

宮崎駿監督は、専業の声優に演じさせるのを嫌う傾向にありますが、「ハウルの動く城」でも多くの俳優や女優が演じています。

主人公ハウルを演じた木村拓哉さん以外は、熟年の女優が多く起用されていたのが特徴です。
ソフィーを演じた倍賞千恵子さんは当時63歳、サリマン役の加藤治子さんは当時81歳でした。

案山子のカブを演じたのは大泉洋さんですが、大泉洋さんはモブのキャラクターも演じています。兵士役は、大泉洋さんが所属する「チームナックス」という5人組の俳優ユニットで担当して演じ分けています。

この中には、近年、ドラマで注目されている安田顕さんもいます。
なお、このユニットは「思い出のマーニー」でも全員出演しています。

→ゲド戦記の怖いクモ様!トラウマ注意で性別や正体をまとめてみる

動く城の音は大工に出させた音だった⁉︎

「ハウルの動く城」で、宮崎駿監督は声の出演者以上に、動く城の出す音にこだわりを持っていたと言われています。城が動く音が完成するのに3ヶ月ほどかかったそうです。
大工さんが実際にスタジオに来て、建材を駆使して「動く機織り機」のイメージに近い音を作り上げました。

スタジオで作業した大工さんたちは、「音にこんなにこだわるなんて」と驚いたそうです。

→魔女の宅急便の本当は怖い都市伝説まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする