チアダンの実話になった福井商業高校!JETSを育てた五十嵐裕子とはどんな人!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

↓ ↓ ↓
今すぐ広瀬すず出演の映画チアダンを視聴する

2018年7月、TBSにて土屋太鳳さん主演で、「チア☆ダン」がドラマ実写化されます。
「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」は、実話をもとに実写化したことで話題になりました。
広瀬すずさん主演で、天海祐希さんも教師役で出演しています。

2018年のドラマは、映画の数年後という設定です。
実写化作品を観る前に、実話になった福井商業高校や五十嵐裕子先生を知っておくと一層楽しめそうですね。

スポンサーリンク

実話になった福井商業高校にはもともとチアリーダー部はなかった

「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」の実話になったのは、福井商業高校チアリーダー部「JETS(ジェッツ)」です。
「JETS(ジェッツ)」というチーム名には、「ジェット機のように急成長するチーム」という意味が込められています。

「JETS」の前身はバトン部でした。
福井商業高校のバトン部は、50年という歴史ある部で、部員は60人近くいました。
バトン部は、野球部が甲子園に出場した際に応援していました。

そのバトン部を変えていったのが、五十嵐裕子先生でした。
五十嵐裕子先生は、2004年4月に福井商業高校に赴任してバトン部の顧問になっています。
五十嵐裕子先生が、福井商業高校に着任する直前に見た、厚木高校のチアダンスの演技が、福井商業高校に変化をもたらしていきます。

→下町ロケット!ナカシマ工業のモデルは実在した!?あの企業がモデル!?

福井商業高校にチアリーダー部を作ったのは五十嵐裕子先生

五十嵐裕子先生は、自身ではチアダンスはしたことがありませんでした。
2004年3月、全米大会で優勝した厚木高校のチアダンスの演技をテレビで見て、強い印象を受けました。
曲に合わせて目まぐるしく調子が変わるダンスに、「これだ!」と思ったそうです。

「生徒にもやらせたい」と強く思った五十嵐裕子先生は、赴任した福井商業高校で行動を起こします。
バトン部の顧問になると、練習に少しずつチアダンスを取り入れていきました。
そして、全米制覇の夢を掲げました。

当初、生徒たちは戸惑い、反発した子供たちは部を辞めていきました。
保護者からの反発も強く、校長から「やめるように」と注意されたこともあります。

残った部員は、1年生の9人だけでした。五十嵐裕子先生はチアリーダー部を作ります。
当時は「ありえない夢を追いかけている集団だと思われていた」と、五十嵐裕子先生は振り返っています。

スポンサーリンク

→山崎賢人主演!グッド・ドクターは実話?サヴァン症候群の謎とは?

五十嵐裕子先生の指導法!夢ノートと変人プロジェクトで部員は精神的にも成長

五十嵐裕子先生は、厚木高校を優勝させたプロダンサーの前田千代さんにコーチを依頼して、指導を引き受けてもらいました。

そして、五十嵐裕子先生は、生徒の精神面の成長を促す指導を徹底しました。
その指導の一つでユニークなのが、「夢ノート」です。

「夢ノート」とは、夢を叶えるために何をすれば良いのかを、逆算して書き出すノートです。
夢を実現できる方法が見えてきて、部員たちは毎日「夢ノート」を書くことで、急速に進化していったと言います。

また、五十嵐裕子先生は、「変人プロジェクト」を実行しました。
他人と違うことをさせて個性を磨くプロジェクトです。
部員たちにどんな場面でも自分の意見をはっきりと述べるように指導しました。

当時の部員は、

「最初は恥ずかしかったけど、やり続けるうちに気持ちが盛り上がり、自分の殻を破れた。愛情を持って厳しく接してくれる『神様』のおかげ」

と語っています。

福井商業高校「JETS」は、創部からわずか3年で全米制覇を達成します。

そして、全米チアダンス選手権で前人未到の5連覇を成し遂げます。
初制覇メンバーの三田村真帆さんは、「全てを吸収しようと必死だった。優勝した時は言葉にならないほど嬉しかった」と語っています。
三田村真帆さんは、卒業後はチアリーダー部のコーチを務めています。

→女の勲章のモデル!上田安子と近藤年子とは!?実話は本当なのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする