ゲゲゲの鬼太郎(6期)第15話!妖怪ずんべらの霊形手術とは?手術で失う代償とは⁉︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「ゲゲゲの鬼太郎」の第6作に登場する妖怪ずんべらとは、人間の顔の皮を剥ぐ妖怪です。
妖怪ずんべらが行う霊形手術とはどんな手術でしょうか?

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎! 第15話「ずんべら霊形手術」のネタバレ

アイドルの追っかけをしている少女きららは、可愛い顔になりたいと強く思い、妖怪・ずんべらの霊形手術を受ける事を決意する。
そしてきららは、美人な顔を手に入れた代わりに、大きな代償を払う事となるのだが・・・

→鬼太郎の父親目玉おやじ!昔はイケメンではなく重病にかかって見た目は×××だった

ずんべらの欲望と人間の欲望が合致した時に事件が起こる⁉︎

妖怪ずんべらは、もともとは死んだ人間から顔を剥いで集めていました。
そのため、「死に顔コレクター」とも呼ばれています。
過去の有名人の顔をずんべらは所有していました。

妖怪ずんべらが「生きた人間の顔の皮も集めたい」と欲を起こしたことで、事件は起こります。
人間の方にも、自分の顔が嫌いで、別の顔になりたいと思っている人がいるからです。
妖怪ずんべらと渡りをつけたねずみ男が、そうした人間に声を掛けることになりました。

「ゲゲゲの鬼太郎」の第2作第41話では、「美女の月子に振り向いてもらえないのは、自分がブサイクだからだ」という悩みを抱えた三吉が、ねずみ男に勧誘されます。

「霊形手術を受けてみないか?」

痛みを感じず、自分の顔を捨てられると聞いて、三吉は話に乗ります。
ねずみ男が動き回っているのを知った鬼太郎は、悪巧みを阻止しようと行動し始めます。

→鬼太郎に片目がない理由!目玉のおやじの正体と誕生秘話

霊形手術とは×××になる手術だった⁉︎新しい人生は始まるのか?

三吉は、のっぺらぼうになりました。
「霊形手術」とは、のっぺらぼうにする手術でした。
胸のムカつきを感じて、自分の顔をむしり取りますが、激痛もなく、一瞬のうちに顔の皮が剥がれます。

三吉は、大嫌いだった自分の顔が自分から離れたことで、新しい人生が始まったと感じて喜びます。
のっぺらぼうになった自分の顔に、三吉は美男子の顔を書きました。
自分に目もくれなかった美女・月子のもとに出かけます。

「美男子となった自分を、月子は見直してくれるだろう」

三吉の楽しい期待は裏切られました。
月子は、三吉の新しい顔には関心を示しませんでした。
三吉は、自分の顔をいたずらに失っただけでした。

スポンサーリンク

→ゲゲゲの鬼太郎の母親って誰?お母さんも妖怪なのか?

霊形手術の代償とは⁉︎欲の塊だった人間は石になっちゃった⁉︎

月子は、「今の自分の顔にとらわれない」という生き方に関心を示しました。
もっと美しくなるには、今の顔があったら邪魔にしか感じられなくなっていたのです。
月子は、頻繁に整形手術を繰り返していました。

整形手術を受ければ受けるほど、手を入れたい部位が目につくようになっていました。

月子は、三吉が描いた顔を消してしまい、戯れに別の顔を書きました。

「どんな顔でも、手軽にすぐに描ける」

それが、月子には魅力に感じられました。

月子は、自分の顔の皮を剥いでもらうために、ずんべらの元へ行きます。
そして、ずんべらと結婚すると宣言します。
そうしたら、毎日違う美しい顔をまとえると、月子はワクワクしました。

月子はずんべらが用意した薬を飲みます。
三吉と同じように、月子は自分の顔をむしり取ります。

しかし、月子は整形手術を繰り返していた時点で、自分の顔を捨てていました。
作られた顔を捨てても、月子には妄執が残っていました。

「もっと、もっと美しくなりたい!」

石のように凝り固まった妄執が形となり、月子は石になってしまいました。
鬼太郎たちは、そんな月子を「妖怪以上の妖怪」だったと知りました。

→猫娘とゲゲゲの鬼太郎は将来結婚する?二人は最終回までに結ばれる?

ゲゲゲの鬼太郎! 第15話「ずんべら霊形手術」の感想

鏡に移る自分の顔にはさみを立てる一人の少女。。。
この時点ではっきりと言って病んでいる(笑)

ゆうすけ君の追っかけをする房野キララちゃん!?
服装がロリータっぽい服装をしているけど、顔よりもむしろこの服装とかの方が原因かと。。。

しかし今回は病んでいるなぁ(笑)
このキララちゃんは現実に居たら、一体どんな顔なんだろう!?
むしろそこが気になってしまいましたよ。

ずんべら。。。おそるべし!
それにしてもねずみ男の金を稼ぐ嗅覚って、本当に凄まじいな!

死人の顔かぁ。。。しかし今回の鬼太郎の話しは病んでいるな。
それにしてもゆうすけさん人間が出来ているというか、本当にそんな男が居るのか?と思う所もあるけど。

ねこ娘が鏡を見て自分の顔をチェックしていたけど、ねこ娘は全く問題ないでしょう(笑)

→幽霊族の末裔は鬼太郎一人!?幽霊族とはどんな種族なのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする