名探偵コナン!毛利小五郎と妃英理の別居理由と警察を辞めた理由の関係性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

↓ ↓ ↓
今すぐ名探偵コナンを視聴する

『名探偵コナン』に登場する才媛というと妃英理ですね!
蘭の母親であり、毛利小五郎の別居中の妻です。
毛利小五郎と妃英理は、どんな理由で別居しているのでしょうか?

また、毛利小五郎は探偵を始める前は警察に勤めていましたが、警察を辞めた理由と別居理由は関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク

毛利小五郎が警察を辞めた理由は発砲事件が原因だった

毛利小五郎と妃英理は幼馴染です。
大学在学中に結婚し、円満な家庭生活を送ります。
妃英理は夫が出かける時にはネクタイを締め直すほど、2人は仲睦まじく暮らしていました。

蘭が7歳の時、妃英理は、警察署で容疑者の取り調べに当たる毛利小五郎に着替えを持って行きました。
妃英理が蘭を連れて警察署に着いた時、容疑者が取り調べ室から飛び出してきました。

そして、妃英理を人質にとって、逃亡を計ろうとしました。

毛利小五郎は、人質が足を撃たれれば、犯人にとっては邪魔にしかならないとの判断から、妻の足を傷つけるように発砲しました。
妃英理は、無事に保護され、犯人は取り押さえられました。

しかし、人質がいたのに発砲したことが問題視され、毛利小五郎は警察を辞めました。

→【名探偵コナン】黒の組織ボス「あの方」の正体はこの人です!

妃英理と毛利小五郎の別居理由は小五郎のあの一言だった

娘の蘭は、事件当時7歳でしたが、衝撃的な出来事だっただけに、記憶が封印されていました。

劇場版第二弾「14番目の標的」に描かれる事件に巻き込まれる中で、父親が母親に向かって発砲したことを思い出します。
そして、似た状況のもと、自分に拳銃が向けられ、それが、自分を救う唯一の手段だったことを理解して、昔の出来事の意味を理解します。

蘭は、毛利小五郎が発砲したことが理由で、妃英理が家を出て行ったと思っていました。
事件を話し、父親の真意を母親に伝えます。

しかし、妃英理は、事件当時から夫の真意は理解していたと娘に言います。

困惑した蘭は、妃英理に尋ねます。

「なんでお母さん、出て行っちゃったのよ」

妃英理は、事件の日の夕方の出来事を語ります。

妃英理は、夫が自分を救ってくれたことに感謝して、夕飯をこしらえていました。
妻の手料理を前にした毛利小五郎は、憮然として言います。

「バーロー!こんなもん作るくらいならさっさと寝てろ!」

この一言が別居理由と聞かされ、蘭とコナンは、妃英理の料理が不味いことを思い出して苦笑します。
互いを思いやりながらも、その思いを素直に伝えられない妃英理と毛利小五郎。
意地っ張りの2人が、意地を張った結果、別居になりました。

スポンサーリンク

→工藤優作vs黒羽盗一!親から子へ、新一とキッドの関係にも大きく関係が!?

妃英理の手料理が喧嘩の引き金に⁉︎話題のあの作品でも同じ展開になる⁉︎

別居理由となった一言の中で、毛利小五郎は妻の手料理を「こんなもん」呼ばわりしていますが、蘭もコナンも妃英理の料理には拒絶反応を示しています。

劇場版「瞳の中の暗殺者」では、妃英理が蘭に代わってビーフシチューを作ろうとしたところ、コナンは顔を真っ青にし、毛利小五郎は「麻雀の約束がある」と言って、逃げようとしています。

才色兼備で敏腕弁護士として活躍する妃英理が、唯一苦手とするのが料理です。

一方、毛利小五郎は、普段は美人に目がなく、だらしない姿を晒します。

しかし、妻の妃英理と娘の蘭は心から愛しており、妻や娘が危険な状況にある時は、必死になって救おうとします。
妃英理は、そんな小五郎を信頼しており、危険な目に遭っている時は、意地を張らず、夫の言葉に従います。

人気が続く「ゼロの執行人」でも、物語の終盤で妃英理と毛利小五郎は、カジノタワーに閉じ込められます。
周りがパニックに陥る中、毛利小五郎は「俺のそばを離れるな!」と叫びます。
妃英理は、頬を赤らめながら「え、えぇ」と答えます。

「2人がいよいよ復縁するか⁉︎」と期待が高まったところで、妃英理が手料理を振舞います。
毛利小五郎は「まずい」と言い、妃英理に殴られます。

平穏な日々に戻って、再びたわいなくも喧嘩してしまう妃英理と毛利小五郎。
「いい歳して何で思春期のような反応してるんだよ。いいぞ、もっとやれ」と、ネットで揶揄されている2人の別居生活。今後も続きそうですね。

→【名探偵コナン考案】あの方=光彦だと思われる3つの理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする