下町ロケット小説の続編のあらすじは!?ドラマの内容は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
ドラマ下町ロケットを視聴する

佃製作所の熱い人たちが帰ってきます。

「下町ロケット」の続編が2018年10月に放送されるそうです。
2015年のドラマは「下町ロケット」と「下町ロケット2」が原作でした。
2018年のドラマは「下町ロケット3 ゴースト」が原作となります。

スポンサーリンク

スタートからトラブル続き⁉︎利菜や殿村はどうなる⁉︎

倒産の危機を乗り越えた佃製作所は、新たな危機に陥っていました。
予期せぬトラブルが続いたためです。

佃製作所のシンボルとなっていたのは、ロケットエンジン用バルブシステムでした。
ロケットエンジン用バルブシステムは、帝国重工が納入先でした。
その帝国重工の業績が悪化したのです。
帝国重工には、航平の娘・利菜が就職しています。

また、主要取引先であるヤマタニからも非情な通告を受けます。
番頭の殿村にも異変が起きます。殿村は、白水銀行から出向し、当初は銀行の回し者として警戒されていました。

しかし、ナカシマ工業との訴訟の際に、白水銀行を退職し、佃製作所に転職します。
以来、航平の義憤による怒りを鎮める役も担い、佃製作所にとって欠かせぬ存在になっていました。

航平は、家庭でも会社でもトラブルを抱える事になります。
「下町ロケット」の続編では、出だしから佃製作所の危機と航平の悩みが描かれる事になります。

→池井戸潤作品が観れる無料動画配信サイト一覧

『陸王』の最終回で帝国重工の名前が出ていた⁉︎利菜や財前はどうなる⁉︎

利菜が就職した帝国重工。
実は、『陸王』の最終回で登場していました。お気づきでしょうか?
『陸王』のクライマックスシーンは、豊橋国際マラソンでしたが、そのスポンサーの中に「帝国重工」がありました。

『陸王』でも爽やかなイケメンぶりが人気になったのが、竹内涼真さんです。
『下町ロケット』にも出演していました。
佃製作所の開発部の若手技術者・竹内洋介役でした。
『下町ロケット』放送時はブレイク前でしたが、その後、視聴率男と目されるようになりました。

続編では重要なシーンでの登場が増えるのではないかと期待されています。

『下町ロケット』では、吉川晃司さんも印象的でしたね。財前役で抜群の存在感でした。
続編では、帝国重工の業績悪化が描かれますので、専務役の吉川さんも重要なシーンで登場するものと思われます。

→下町ロケットは実話だった!?佃製作所や帝国重工のモデルはあの企業

スポンサーリンク

山崎努も出演⁉︎視聴率対決を左右するのは脇を固める名優⁉︎

『下町ロケット』に登場した人たちのその後に加え、続編で注目されるのは、新たなキャストです。出演が確実視されている名優が、山崎努さんです。
山崎努さんは年末には82歳になるため、露出が減っています。
ドラマは年に1本のペースです。

その中で、山崎努さんが「君たちの作るドラマは必ず出る」と言っているチームがあるそうです。それが、2006年に出演した『クロサギ』のスタッフだと言います。
特に、プロデューサーの伊與田英徳さんには全幅の信頼を寄せていると言われています。

そのチームが、『下町ロケット』の続編を放送します。
山崎努さんは前作には出演していませんが、続編の目玉としてすでにオファーはしていると言われています。

ネットでは、10月クール放送は、阿部寛と米倉涼子の視聴率対決に注目が集まっています。
その行方を左右するのが、脇を固める名優たちです。
山崎努さんがどんな役で出演するのかが、話題になっています。

→下町ロケット!ナカシマ工業のモデルは実在した!?あの企業がモデル!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする