下町ロケットは実話だった!?佃製作所や帝国重工のモデルはあの企業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
ドラマ下町ロケットを視聴する

ドラマ「下町ロケット」は、池井戸潤氏の同名小説を元にした作品です。
原作者の池井戸潤氏は、「下町ロケット」の記者会見において「佃製作所にモデル企業は存在しない」とコメントしています。

ただし、実在している企業と設定がかぶることはあります。

また、池井戸潤作品はリアリティに富んでおり、「実話ではないか?」という声が消えません。ネットで「モデルではないか⁉︎」と噂されている企業はどこでしょうか?

スポンサーリンク

佃製作所のモデル企業は植松電機⁉︎

ドラマ「下町ロケット」がスタートする前に放送された特別番組で、佃製作所に似た状況の企業が紹介されていました。
「実話ではない」としつつも紹介されたのが、北海道赤平市にある「植松電機」という企業です。
植松電機の主な事業内容は、「車両搭載型低電圧電磁石システムを設計、製作、販売すること」です。

2005年、北海道大学との共同研究で小型ロケットの開発を開始しています。
「カムイロケット」と命名された小型ロケットの打ち上げに成功しています。

2006年には、植松電機の敷地内に「微小重力実験塔」を建設しています。
さらに、人工衛星「HIT-SAT」を開発して打ち上げに成功しています。
2009年には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で打ち上げ実験を行なっています。

「下町ロケット」を見た人からは、「植松電機をモデル企業とした実話では?」とたびたび尋ねられるそうで、代表取締役の植松清さんは「違うんです」と答えていると言います。

原作者の池井戸潤氏が植松電機に取材に訪れたことはないそうです。

→池井戸潤作品が観れる無料動画配信サイト一覧

帝国重工のモデル企業は三菱重工⁈

ロケット開発を行なっている帝国重工については、「三菱重工」がモデル企業として噂されています。
宇宙事業の開発を行なっている企業としては、他にも川崎重工、富士重工などが有名ですが、モデル企業とする声は聞かれません。

三菱重工には、「航空宇宙事業本部」という部門が存在し、ロケットの開発を手がけています。
専門の部門が存在し、ロケット開発の実績を積み上げている点が、ドラマ「下町ロケット」の帝国重工に似ていると言われています。

三菱重工が開発に携わったロケットは、「N- Iロケット」「N- IIロケット」「H- Iロケット」「H- IIロケット」「H- IIAロケット」「H- IIBロケット」です。
また、三菱重工は、国際宇宙ステーション「きぼう」や宇宙ステーション補給機「HTV」の開発にも加わっています。

スポンサーリンク

→陸王のモデル企業を予想!きねや・ミズノ・アシックス・オニツカタイガー?答えは×××!?

民間の力を結集して宇宙開発したモデルは「まいど1号」⁉︎

三菱重工が開発に携わった「H- IIAロケット」が関与したのが、「まいど1号」です。「まいど1号」は、宇宙開発協同組合SOHLAが開発に関わった人工衛星です。

宇宙開発協同組合SOHLAは、2002年に「東大阪宇宙開発研究会」という名称で結成された民間宇宙開発組織です。
2003年には公共広告機構(現在のACジャパン)のCMで取り上げられ、全国に知られるようになりました。

2009年には、「まいど1号」を載せたH- IIAロケット15号機の打ち上げに成功しています。「まいど1号」の運用はその後、停止されています。

宇宙開発協同組合SOHLAは、中小企業が多く、長引く不況で活力を失いつつある東大阪工業地帯の経済振興策として設立されました。
人工衛星の開発を目指したのは、人工衛星は「ワンオフ製品が多い」ため、「融通の効く中小企業が有利」と判断した結果だと言います。

「まいど1号」開発当時の同組合のポスターには、関西弁で「町おこし?いやいや、国おこしやで!」というキャッチコピーが書かれていたものもありました。

→陸王・茂木裕人のモデル瀬古利彦!どんなシューズを履いて走っていたのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする