【葉山奨之出演作品】絶対に観ておきたいオススメ映画・ドラマを紹介します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもサブローです。
最近、活躍が目覚ましく、2018年にはブレイクすると思われる俳優の1人が、葉山奨之です。

役をしっかり把握して、どんな役でも演じられるので、観ていて安定感がありますね!
爽やかな好青年から、心の闇がどす黒いクズまで、きちんと演じ分け、これからが楽しみな俳優です。

「最近、葉山奨之の事がちょっと気になっている」という方に、絶対に観てもらいたい、葉山奨之出演作品をご紹介します。

スポンサーリンク

絶対観ておきたい葉山奨之の出演作品

恋ダンで話題の逃げるは恥だが役に立つ

2016年10月期にTBS系「火曜ドラマ」枠で放送されました。社会派ラブコメディドラマです。
主演は、新垣結衣。ガッキーの可愛らしさが際立ったドラマでしたね。

最終回の視聴率は、「火曜ドラマ」史上初の20%超えを記録。エンディングの恋ダンスは、社会現象になりました。

葉山奨之は、営業部勤務の渡辺一馬役で出演していますが、ネットでは、二役説が囁かれています。
渡辺一馬に加えて、葉山奨之が演じていたのではないかと噂されているのは、伊狩慎二役。
伊狩慎二は、主人公みくりの元カレです。みくりを「小賢しい」と評し、みくりに影を落とした存在。

伊狩慎二は、顔がはっきり見えない演出だったため、視聴者は、誰が演じているのかに関心を持ちました。
候補にあがったのが、雰囲気や髪型が似ていた葉山奨之です。
「元カレの人って、以前、津崎平匡の営業の同僚役で前に出ていなかったっけ?」と、ツイッターで話題になりました。
第4話のエンディングに「葉山奨之」の名前があったという声も。

みくりの元カレが、葉山奨之だったのかを再確認してみるのも、面白いですね!

人気コミック原作の僕たちがやりました

2017年7月期にフジテレビ系「火曜21時」枠で放送されました。主演は、窪田正孝。
今時の高校生たちの青春逃亡劇です。

不良を少し驚かせるつもりだったのに、大きな爆発事件になってしまい、日常生活が変化していった仲間たちの中で、一人、罪の意識と向き合う事が無かったのが、葉山奨之演じる丸山友貴です。
最初から最後まで、一貫してクズ。

しかし、葉山奨之は、原作を読みながら、「ドラマ化されて、やれるならマル(丸山のあだ名)がいいな」と思っていたと言います。
「救いようのない役柄が色々遊べて、演じ甲斐がありそう」というのが、理由です。

しっかりと口角を上げて微笑みながら、瞳の奥では全く笑っていない表情に、マルの心の闇が不気味に表されています。
キノコ頭の愛らしさと、不気味な表情。原作のマルを、葉山奨之は正確に再現しています。
葉山奨之出演作品の中でも、彼の演技力が際立つ作品です。

スポンサーリンク

原作そっくりと話題のセトウツミ

2017年10月期にテレビ東京系「ドラマ25」枠で放送されています。
葉山奨之と高杉真宙のダブル主演です。2人とも、今作が、テレビ東京の連続ドラマ初主演になります。

普通の高校生の放課後の会話によって進行する、会話劇です。
練り上げられた会話が、原作の魅力。

葉山奨之は、瀬戸小吉に扮しています。ビジュアルが公開された時から、「原作そっくり」と話題になりました。
瀬戸小吉に決まった時に、葉山奨之は、「漫画を読み、瀬戸は“素直で嘘のつけないいい奴”という印象が僕の中にありました。その要素をうまく自分とリンクさせて、監督とも沢山話し合って、新しい瀬戸を演じられたら良いなと思います。」と、コメントしています。

視聴者の間では、葉山奨之の自然な演技が好評です。

初の映画主演!春夏秋冬物語

2017年4月8日公開の映画です。葉山奨之にとって、初の主演映画。

Hilcrhymeのヒット曲「春夏秋冬」から着想を得た青春ロマンスで、ライブとドラマがシンクロする音楽映画です。
デザイナーを志し、東京で苦労する幼馴染の美由を優しく支える修二を、葉山奨之は演じています。
美麗という年上の恋人がおり、恋人を大切にしながらも、同じ歳月を重ねた美由が気になってしまう修二。

美由と過ごした学生時代の淡いキラキラ感。
東京で、すれ違いに心をざわつかせる大人の哀愁。
静かに過ぎる時間には、美しい背景があり、穏やかになれる映画です。

葉山奨之は、撮影現場での事を、「修二は美麗と付き合ってるけど、美由の事を思って年齢を重ねたんだろうなって。だから、撮影の合間も、山崎さん(美由役)とはけっこうしゃべっていたんですけど、美麗役の小池由さんとはあまり話さないようにしていました。」と語っています。

葉山奨之出演作品の中でも、彼のとびきり優しい瞳に出会えるのが、「春夏秋冬物語」です。
今恋をしている人も、すでに恋が思い出になってしまった人も、「人を想う気持ち」を心に満たせる映画です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする