ブラックペアン1988原作の結末は××!ドラマは原作と違う結末になるのか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
今すぐブラックペアンをチェックする

二宮和也さん主演ドラマ『ブラックペアン』は、海堂尊氏著『ブラックペアン1988』が原作です。
原作の結末は、どうなっているのでしょうか?
ドラマは、原作とどんな違いが見られるのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラマの主人公は渡海征司郎!設定のココが違う

ドラマは、竹内涼真さん演じる研修医・世良雅志の語りで進行します。
大学病院の末端に位置する研修医の目線で描かれるのは、原作『ブラックペアン1988』も同様です。
その設定は、原作の方が徹底しています。
原作の主人公は、世良雅志です。

ドラマ『ブラックペアン』は、世良雅志の目線を基調にしながら、主人公は渡海征司郎としています。
ドラマの主人公・渡海征司郎は、原作より複雑な設定になっています。
大きな違いが、東城大学医学部付属病院の外科教室を率いる佐伯清剛教授との関係です。

ドラマでは、初回の早い段階で、渡海医師は、佐伯教授と張り合うかのように特別な術式での手術を秘密裏に行います。
医局の中でその事実を知るのは、その手術に立ち会ったスタッフだけ。
それとモニターで偶然、その手術を見ていた外部の人間が知るところとなります。

佐伯教授に対しては、忠誠心を示すかのように行動し、佐伯教授と相対した時には、かすかに卑屈な雰囲気が漂います。
しかし、影で何を企んでいるのか、うかがい知れない不気味さが、二宮和也さん演じる渡海医師には見て取れます。

渡海征司郎の人物造形で、原作に見られないのが、自分の技術を金で売るという点です。
他の外科医が為すすべなく立ちすくむ時、卓越した自分の技術を莫大な金額で売りつけるという設定は、ドラマのオリジナルです。
初回の見どころであった、皆川妙子さんの再手術は、原作には描かれていません。

高階権太講師が処置に窮し、手を震わせるシーンも、世良研修医が土下座するシーンも、ドラマのオリジナルです。
渡海医師が、世良研修医の術衣に血染めの手形をつけるという印象的なシーンは、演じた二宮和也さんのアドリブだそうです。
ドラマの中で、渡海征司郎が血塗られた道を進む事を暗示しているようです。

原作における渡海征司郎の初登場は?佐伯教室での位置づけは⁉︎

渡海征司郎が原作に登場するのは、第3章「カンファレンス 五月」です。
ドラマでは初回に手術場面が描かれた、皆川妙子さんの手術について、カンファレンスが行われます。
高階講師は、日本で確立されていない術式を採用し、「スナイプ」を使用すると宣言します。

佐伯教室の外科医たちは、口々に異議を唱えます。
若手のホープ・垣谷助手は、重篤な合併症が報告されている事を指摘します。
高階講師は、その指摘の詳細を答え、佐伯教室の一同は沈黙します。

そこに登場したのが、渡海医師でした。
渡海医師は、高階講師を「腑抜け」と罵り、一同の前で臆面なく自分の技量を誇ります。
「俺なら、従来アプローチで三時間で終わらせる。もちろんリークは無し、だ」

高階講師は、佐伯外科一門で食道癌手術の術者を経験した人数を確認し、その数少ない一人が渡海医師と知らされ、ぽつりと言います。
「なるほど、渡海先生は佐伯教授の直系の後継者、なんですね」
渡海医師は首をすくめますが、その事実は、佐伯教室の一同が否応なく認める事になります。

やり取りの末、高階講師は、自分の目標を明らかにします。
「外科手術を容易にして、世の中に広げていく。わくわくしてきませんか?」
渡海医師は、即座に反論します。

「バカな人だね。外科医なら、自分の技術の高みを目指すのが総て(すべて)だろ。誰にでもできる手術だったら、誰がありがたがる?結局外科技術の安売りになる。あんたがやろうとしていることは、外科の土台を根底から崩すことだ」

渡海医師は、高階講師の手術の第一助手となる事を自ら申し出ます。

原作では渡海医師は佐伯教授を×××と呼んでいる

原作では、この後、皆川妙子さんに癌を告知する事の問題が扱われます。
原作の舞台となった1988年当時、癌患者への告知はタブーとされていたためです。
しかし、術式の変更によって、癌を告知しないと無理が生じる事になりました。

癌告知の仕方で、高階講師と渡海医師は再び対立します。
鋭い言葉のやり取りの中で、高階講師は、渡海医師にこう言います。

「あなたは優秀な手術職人だが、医者ではない」
「渡海先生、あなたは間違っている。心なき医療では高みにはたどりつけません」

渡海医師は、「暗い眼」で高階講師を見つめ、笑顔で切り返します。
「心なんかなくたって、俺はここまでたどり着いたんだぜ」

皆川妙子さんの手術は、佐伯教授が自ら第二助手となって行われます。
手術当日、渡海医師は、佐伯教授の後から手術室に入ります。
急かしに来た世良研修医に、渡海医師は言います。
「ジイさんは第二助手だ」

手術は無事に終了します。
「スナイプ」を使用した事に起因するトラブルもありませんでした。
原作では、皆川妙子さんの手術の日に医師の国家試験の結果が発表され、世良研修医が先輩医師たちに祝福されるシーンが描かれます。

スナイプによる手術は続行できるのか⁉︎渡海医師の過去とは⁉︎

「スナイプ」による外科手術成功例が出てから、高階講師は順調に成功例を積み上げていきます。
成功例が11例に達したところで、佐伯教授は、高階講師に他の医局員だけで「スナイプ」による手術をさせるように言います。
術者には、若手の関川医師が指名されました。

佐伯教授は、高階講師に言います。
「お前の考えを推し進めていくと未来のどこかで必ず、未熟者が自分の技量も顧みず、見よう見まねで新技術に挑戦するようになる。その時医療は大勢の人を殺す。お前はその事実の重さを身を以て知っておく必要がある」

佐伯教室に緊張感が走る中、問題の手術を控えたある日、渡海医師は世良研修医に自分の過去を打ち明けていました。
17年前、渡海医師の父親は、佐伯教授と同じ病院に勤務していました。
渡海医師の父親・一郎と佐伯教授は親友でした。

しかし、ある一件を境に、渡海一郎は運命を狂わせます。

当時助教授だった佐伯医師が国際学会のために海外出張していた時、飯沼という患者が緊急入院します。
飯沼さんのレントゲン写真を見た渡海一郎は、ペアンが写っているのを確認します。
飯沼さんの手術を担当したのは佐伯助教授でした。

渡海一郎は、佐伯助教授の医療ミスと考え、ペアンをすぐに取り出すべきと、教授に直訴します。
教授は、ペアンを体内に残したという報告を、佐伯助教授から受けていました。
佐伯助教授が承諾すれば、再手術を行うと教授は言い、佐伯助教授に事態を知らせます。
しかし、電報には、「ペアン摘出すべからず」とありました。

佐伯助教授に電報を打った教授は、手術が下手だったと、渡海医師は世良研修医に語りました。
実際の手術では佐伯助教授に頼り切りだったため、佐伯助教授の言葉は絶対だった。
自分の父親は、大学病院の保身のために左遷され、失意の中、他界した。

そのように打ち明け話をした渡海医師は、世良研修医を連れてディスコに行きます。
若手医師による「スナイプ」手術を2日後に控えていました。

スポンサーリンク

世良研修医の訴えで高階講師が動く!佐伯教授は病院長の座を狙う⁉︎

関川医師による「スナイプ」手術の当日、トラブルが発生しました。
異変を知らせに来たのが、世良研修医でした。
佐伯教授は、高階講師にその場を動かないように命じます。

「お前はあのオモチャを広める、と宣言した。トラブルが起こるたびに、いちいち駆けつけるつもりか。そんなことはできないんだ」

佐伯教授に動きを封じられた高階講師に、世良研修医は苛立ち、ソファの前に置かれたテーブルを一気に蹴り上げます。
佐伯教授と高階講師が驚いて見上げる中、世良研修医は声を絞り出します。

「俺は外科医です。患者を生に引き戻すためなら万難を排して総ての手を打つ。先生が来てくれさえすれば、助けてもらえるトラブルなんです。だから力づくで先生をオペ室に連れていく」

世良研修医の言葉に、高階講師は動きます。
高階講師は、佐伯教授に背を向けたまま言います。
「行きます。医者なら当然だ」

トラブルの原因は、「スナイプ」の操作ミスでした。
高階講師は、関川医師を下がらせ、自ら執刀します。
「阿修羅」とあだ名された高階講師の高度な技術が、世良研修医たちの前に惜しみなく披露されました。

佐伯教授は、手術を終えて帰ってきた高階講師に、自らが東城大学医学部付属病院の病院長になるつもりである事を明かし、手助けするように命じます。
高階講師は、そうした役には渡海医師の方が適していると言います。
佐伯教授は言います。
「あれは信用できん。いつ、私の寝首を掻くか、わかったものではないのでな」

佐伯教授の不在時に因縁の患者の緊急手術が始まる!ペアンを除去した直後から出血が始まる

佐伯教授は、病院長選を有利に進めていました。
仕上げのパフォーマンスとして、国際シンポジウムに参加するため、佐伯教授は医局員の8割を連れて出かけます。
留守を預かったのが、高階講師と渡海医師たち数名でした。

佐伯教授の特別公演が予定されていた当日、緊急手術が入ります。
患者は、渡海医師の父親が17年前に再手術を主張した飯沼さんでした。
渡海医師は2年前から飯沼さんの治療先でアルバイトをし、飯沼さんと個人的に連絡が取れるようにしていたのです。

緊急手術は、佐伯教授に知らされました。
特別公演の直前でした。

「ペアンを取り出すのはやめろ。とんでもないことになるぞ!」

声を荒げる佐伯教授に、渡海医師が冷たく言い放ちます。
「親父が見つけた医療ミスの証拠を時を経て息子の俺が取り出し、あんたのミスを明らかにしてやる」

飯沼さんの手術は、難航を極めました。
ペアンは組織との癒着が酷く、ペアンに近付くまで7時間以上が経過しました。
やっとの事でペアンを掴んだ高階講師は、いぶかります。
「何かを噛ませているようだ」
「本当に、単なる見落としで体内に忘れられたのでしょうか?」

ペアンを除去しようとした瞬間、佐伯教授が奇跡のように現れます。
驚く医局員一同に、佐伯教授は言います。

「学芸会などどうでもいい。患者が危なければ、そっちが最優先だ」

渡海医師は、佐伯教授の必死の制止を振り切り、ペアンを取り除きます。
閉腹しようとした高階講師は、出血に気づきます。
渡海医師も高階講師も立ちすくみます。
佐伯教授は、2人に言います。「小僧ども、地獄の扉を開けたな。」

渡海医師も高階講師も必死に出血点を確認しようとしますが、見つけられません。
手術準備を整えた佐伯教授が戻ってきた時、手術室には怒号が飛び交っていました。
患者の処置をしながら、佐伯教授は、仙骨前面の静脈叢からの出血を止める窮余の策としてペアンを体内に留置した事、患者や家族にその必要性を納得させる自信が無く、とりあえず退院させた事などを語りました。

出血量が3000に達した時、ついに佐伯教授はブラックペアンを取り上げます。
「さらば、渡海一郎」
佐伯教授は、ブラックペアンを患者の体内に沈めました。
出血は止まりました。

渡海征司郎は東城大学医学部付属病院を去る!その行方は杳としてしれなかった

高階講師は、ペアンで止血した部位を結紮(けっさつ)しないといけないと主張します。
しかし、仙骨前面静脈叢を破ったら、止血は困難と諭されます。
ペアンを留置せざるを得ない事を、高階講師も渡海医師も納得します。
ペアンを留置して閉腹する事にし、佐伯教授と高階講師が処置を行います。

佐伯教授は処置を終えると、辞任すると言いました。
間髪を入れず、声をあげたのは渡海医師でした。
「こんなくだらないところは、こっちの方からおさらばだ」
渡海医師は、血まみれの術衣をその場で脱ぎ捨て、上半身裸になり、その場を立ち去ります。

世良研修医が追いかけていくと、渡海医師は辞職願を書いていました。
「こんなところに長居するなんて、俺らしくなかった」
立ち去ろうとする渡海医師に世良研修医が声を振り絞ります。「渡海先生」

渡海医師は、静かに言います。

「今回の件では誰かが責任を取らなければならない。俺が辞めなかったら、誰が辞める?」
「飯沼さんの手術適応は間違いだった。判断を間違えた外科医は退場するだけだ」

渡海医師は去って行きました。
原作の結末は、渡海医師が去った後の世良研修医の姿で締めくくられます。
後日、世良研修医は飯沼さんの手術記録が渡海医師によって記されているのに気づきます。
深夜のナースステーションで、記録を朗読した世良研修医はあの日を振り返ります。

原作の結末は、次の一文で終わっています。
「その後、渡海征司郎の行方は杳(よう)としてしれない。」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする