火垂るの墓!貯金7000円は現在では幾ら位?金があるのに栄養失調になるのは何故

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「火垂るの墓」の設定で、不思議がられる事の一つが、清太が母から託された貯金を7000円持っていたのに、悲惨な結末が避けられなかった事です。
貯金7000円は、現在では幾ら位なのでしょうか?

スポンサーリンク

7000円の価値は昭和20年8月前と後とで大きく変化した

昭和20年の終戦前の7000円は、現在なら1328万円程度と計算されています。
「火垂るの墓」の清太のような子供が扱うには、高額すぎるほどの大金です。
それだけの貯金があって、どうして満足な食事ができなかったのでしょうか?

昭和20年の戦後の物価を見てみましょう。
参考になるのが、NHKの朝ドラ「ごちそうさん」です。
「ごちそうさん」の第136回にめ以子がお米を買うシーンがありました。

3俵(60キロ × 3)の価格は4500円

昭和20年は戦前戦後ではインフレ率が高く、終戦後の4500円は、現在の250万円程度になるとされています。
その割合で計算すると、7000円は389万円に急落してしまっています。
一方、物価は高騰しています。

たとえば、大工の手間代1日分は、昭和20年8月以前は3円90銭でしたが、同年8月以降はなんと100円に上がっています。

→火垂るの墓!清太と節子は裕福な家庭で父親は海軍大佐?

食料品や日用品が手に入らない!配給制度って何⁉︎

物価が上がっただけでなく、食料品や生活必需品が簡単に手に入らないという事情がありました。

市場で物が自由に手に入れられないという状況になったのは、昭和12年7月以降です。
日中戦争が始まり、重要資源に乏しい日本は、優先的に軍事物資に予算を割り当てるために、政府が消費に対して統制を行うようになりました。
配給切符や通帳を持たないと、食料品や生活必需品を購入できなくなりました。

昭和14年9月には、商品の一つ一つに「公定価格」を設定し、販売者が自由に価格を決められないようにしました。

昭和15年6月には、東京、大阪、横浜、名古屋、京都、神戸の6大都市で、砂糖とマッチの切符配給制が実験的に実施されます。
これは、切符を提示した人にだけ物品を販売するというものです。
同年11月には、全国で実施されるようになりました。

品目は次々に増え、米などの主要な食料、衣類、木炭などの日用品にも及びました。
戦争が激化するにつれて、計画的に配給されなくなり、配給切符や通帳があっても、配給所には品物が無いという事態が起きるようになりました。

空襲が本格化した頃には、混乱に拍車がかかり、食糧の配給状況は悪化の一途を辿りました。

スポンサーリンク

→火垂るの墓の都市伝説!節子の本当の死因と清太はなぜ死んだのか?

終戦直後の食糧事情!闇市の値段は法外だった

戦争が終わると、空襲におびえる事はなくなりましたが、物資は不足したままでした。
食料品や生活必需品は、引き続き配給制が取られました。
しかし、遅配や欠配が続きました。

しかも、昭和20年は36年ぶりの未曾有の大凶作の年でした。

昭和20年の農作物の生産高は前年比35%減となっていました。
朝鮮や台湾からの食糧もストップしました。
600万人もの引揚者が帰国し、食糧事情はますます悪化しました。

正規の配給量だけではとても足りず、都市部の人たちは農村部に買い出しに行きました。
衣類は物々交換の際に食糧と交換されました。
浮浪者は、住民票が無いため、食料の配給も受けられませんでした。

配給以外の方法で食料品や日用品を手に入れる、唯一の方法が闇市でした。
終戦の4日後の昭和20年8月20日、新宿駅東口に開店した露天市が闇市の第1号です。

闇市の様子は、朝ドラの「梅ちゃん先生」「ごちそうさん」「とと姉ちゃん」「べっぴんさん」で描かれています。

闇市では、配給切符が無ければ手に入らない統制物資を買う事ができました。

ただし、値段は法外でした。闇市の値段は、公定価格の数十倍が相場でした。
米や砂糖の値段は、公定価格の100倍以上でした。

幼い子供2人で家を出てしまった時、たとえ7000円の貯金があっても、食料品は満足に手に入れられないのが実情でした。
「火垂るの墓」の清太と節子が栄養失調で死に至ったのは、当時の状況としては自然な設定だったわけです。

→火垂るの墓は実話なのか?舞台はどこなのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする