ゲゲゲの鬼太郎(6期)第1話のネタバレと感想!妖怪のびあがりと吸血木

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

↓ ↓ ↓
ゲゲゲの鬼太郎を1〜5期を観る

2018年3月いっぱいでドラゴンボール超が終了し、4月からゲゲゲの鬼太郎の第6期がスタートします!?
作画のタッチも大きく変わって鬼太郎のイメージが一新しました。

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎第1話のネタバレ

渋谷のスクランブル交差点で、信号無視をする一人のYoutuber。
すると突如苦しみ出し、体が大きな木になって行く。。。

その光景をスマホで撮影する人々!?
その人たちも次々に木になって行く。

その理由を人を木に返る妖怪が蘇ったせいだというのだが。。。

→ゲゲゲの鬼太郎の怖い都市伝説!出生の秘密や正体など

ゲゲゲの鬼太郎!妖怪のびあがりとは!?

「ゲゲゲの鬼太郎」には、地方に伝わる妖怪も登場します。
ただし、伝承とかなり異なる設定になる事が少なくありません。

水木しげるによって新しい力を与えられ、「ゲゲゲの鬼太郎」の世界で縦横無尽に行動する妖怪の1つに「のびあがり」があります。

ゲゲゲの鬼太郎ののびあがりは伝承とココが大きく違う

「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するのびあがりは、人間や妖怪に植物のタネを飲ませて「吸血木」という木に変えてしまう能力を持ちます。この能力は、伝承ののびあがりにはありません。
地方の伝承にあるのびあがりも、人間に危害を加える事があります。

ただし、その方法は、「首筋に噛みつく」「首を絞める」などです。

吸血木は、赤い木です。のびあがりは、吸血木から生気を吸ってどんどん大きくなります。
吸血木には実がなる事もあります。
鬼太郎が吸血木にされた時は、実の中から鬼太郎が出てきました。

のびあがりは砂の中に居る⁉︎のびあがりが妖怪も襲うのは×××だから

地方の伝承にあるのびあがりは、タヌキやカワウソが化けたものとされています。
「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するのびあがりは、植物系の妖怪として扱われています。
植物を連想させる姿が描写されているのが、第5期の第6話「大パニック!妖怪横丁」です。

銭湯を営むお歯黒べったりが、砂風呂を作ることにします。

砂かけ婆が妖怪横丁の住人たちに協力させ、みんなで砂を集めに行きます。
砂風呂が完成し、みんなに好評です。
砂かけ婆は、ご馳走を用意して住人たちを待ちますが、誰も帰ってきません。

ろくろ首が様子を見に行くと、みんなが木になってしまっていました。
目玉おやじは、のびあがりの仕業だと気づきます。
そして、砂と一緒にのびあがりを連れてきてしまった事に思い当たります。

のびあがりは、眠り花の花粉で相手を眠らせ、相手が眠っているところにタネを植えて吸血木に変えてしまう妖怪でした。のびあがりは、妖怪横丁の妖怪たちを次々に襲いました。
「どうして妖怪を襲うのか?」という砂かけ婆の問いに、目玉おやじは「大きくなる事が無邪気に嬉しいだけなのだ」と答えます。

みんなに砂集めをさせた責任を感じて、砂かけ婆はのびあがりを倒す決意をします。
砂かけ婆は、失敗した若返りの砂をのびあがりに浴びせます。
のびあがりは、煙と炎に包まれ、暴れまわります。

砂かけ婆とネコ娘がのびあがりに追い回されているところに、鬼太郎のチャンチャンコが飛んできます。

鬼太郎も吸血木にされていましたが、意識は生きており、チャンチャンコを操っていたのです。チャンチャンコはのびあがりの回りを高速で飛び、炎を煽りました。

のびあがりは生気を失っていき、大人しくなりました。
吸血木に変えられたみんなも元の姿に戻りました。
鬼太郎は、のびあがりを元の場所に戻して砂に埋めてやりました。

スポンサーリンク

のびあがりは砂以外からも出現している!人間との関係性は作品によって描かれ方が異なる

第5期では砂の中から現れたのびあがりですが、他の作品では、別の場所から登場します。
第3期では、地中深く封じ込められていたという設定です。
2万年ぶりに復活し、人間に吸血木のタネを飲ませます。

木を切りまくる人間に怒ったためです。
人間を木に変えて、地上を征服しようと企てます。
この時、のびあがりを倒したのは、ぬりかべでした。

ぬりかべは、のびあがりのすみかと地底の地震の巣をつなぎます。
マグマがのびあがりのすみかを襲い、のびあがりはマグマで燃えてしまいます。

第4期に登場したのびあがりは、落下した隕石から出現しています。
ここでは、良い妖怪として描かれています。
雪崩に襲われる村が舞台です。

村の青年たちは、「山の安全を守り、村の人々を助けたい」と願います。
その強い意志とのびあがりは合体します。

村人を雪崩から守るために、のびあがりは人々を木に変えていきました。
最後は、家族を守ろうとして水蒸気になって散ります。

→鬼太郎に片目がない理由!目玉のおやじの正体と誕生秘話

ゲゲゲの鬼太郎第1話の感想

今回の妖怪は「のびあがり」でした!

Youtuberが信号無視するって、まさに時代だなって感じがしましたね!?
時代背景が今風だけど、妖怪ポストとか昔の鬼太郎のテイストは未だに残っていました。
驚いたのが、猫娘がスマホを使っている事(笑)

「のびあがり」を含めた全体的な画のクォリティが以前よりも圧倒的に高い。
正確には絵が綺麗な感じって言った方が良いのか?

目玉の親父を野沢雅子さんが演じていたけど、どう聞いても孫悟天だったなぁ(笑)
ここに関してはかなりの違和感が・・・相変わらず鬼太郎がやられると涙を流す親父!?
これは鉄板的な感じで良かったです。

OPを歌っているのが氷川きよしさん!?
ドラゴンボール超の時のOPも歌っていたけど、全くテイストが違くてこれには驚きましたね(笑)

→ビビビのねずみ男に本名があった!?半妖怪とはなんなのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする