映画どろろのネタバレ&あらすじ!結末は未完のまま

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
手塚治虫原作!妻夫木聡&柴咲コウ出演「どろろ」を視聴する

映画「どろろ」は、2007年公開の映画です。
原作は、手塚治虫の同名漫画です。
百鬼丸を妻夫木聡が、どろろを柴咲コウが演じました。
撮影の3分の1はニュージーランドで行われ、大規模なオープンセットが当時話題になりました。

映画「どろろ」のあらすじをご紹介します。
ネタバレも含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

天下統一を叶えるために男は我が子の体を魔神に差し出す

はるか昔、賢帝歴3028年、その国は戦いが続いていました。
戦死者が葬られぬまま折り重なる中、1人の武将がお堂に入って行きました。
矢傷を受けている、その男の名前は、醍醐景光(だいご かげみつ)。

景光は、住職が止めるのを振り切り、お堂に入りました。
そのお堂には48体の魔神像が祀られていました。
景光は、天下統一を願い、自分の願いを叶えてくれたら望むものを差し出す事を誓います。

その時、一匹のネズミが飛び込んできました。
景光は、ネズミを切り捨てましたが、そのネズミは突如として人の言葉を話し出しました。

「産まれてくる子供の体を差し出せ」

ネズミはそう言い、景光は、承諾しました。

契約が成立し、景光は力を得ました。
景光の妻は赤ん坊を産みました。
子供は体の48部位を奪われていました。

寿海によって赤ん坊は体を与えられる

景光は、産まれた我が子を殺そうとします。しかし、妻の百合が止めます。
景光は、「殺されるのが嫌ならば、お前がどこぞへ捨ててまいれ」と言い、百合は、赤ん坊を川に流します。

赤ん坊は、寿海という呪医師(のろいし)に拾われました。
寿海は、戦で手足を失った者に、再び生きた手足を付けてやる術を極めようと、山奥に住んでいました。

寿海は、戦で滅びた村で拾った子供たちの亡骸を煮込み、秘伝の薬草を調合した水に、エレキテルを通して作った体を縫い合わせ、赤ん坊のために体を補ってやりました。寿海は、拾った子供に剣術も教えました。

また、寿海は、妖怪を斬りふせるために鍛えられた名刀「百鬼丸」を子供に授けました。
名刀が絶対に敵に奪われぬよう、寿海は、その刀を子供の左腕に仕込みました。

寿海は、ある日、家で血を吐いて倒れました。
寿命が尽きようとしているのを悟った寿海は、子供に、次のように言いました。

「もし、この術が景光のごとき男の手に渡ったら、己が欲に飲まれた者だけが死なぬ体を手に入れ、弱き者は戦いに巻き込まれ、この世は永久の地獄と化すだろう」

そして、自分が死んだら、家を焼き払うように言います。その後、寿海は息を引き取りました。

百鬼丸とどろろが出会う!次第に2人は心を通わせていく

育ての親が亡くなり、大きくなっていた子供は、家を焼き払い、旅に出ます。
子供は今では青年になっていました。旅をしながら、魔物退治をしていました。
魔物を1匹倒すごとに、子供の奪われた体が1箇所ずつ戻ってきました。

ある日、酒場で踊り子たちが踊っていました。
その踊りをじっと見つめる怪しいマントの男がいました。
主役の踊り子が舞台に上がった瞬間、マントの男は素早く駆け寄り、踊り子の仮面に斬りつけます。踊り子の正体は魔物でした。

マントの男と魔物が死闘を繰り広げているところに、1人のコソ泥が追われて来ました。
コソ泥は、マントの男が操る妖刀に目を留めました。
マントの男は、魔物を倒しました。

ネタバレするまでもなく、この男が「百鬼丸」です。
妖刀に目を留めたコソ泥が、「どろろ」です。

百鬼丸とどろろは、共に旅をする事にします。
はじめは、どろろをうっとうしがっていた百鬼丸も、時が経つにつれて、心を開いていきます。

そして、互いの身の上話をするようになりました。どろろは、醍醐景光に自分の父親を殺されていました。百鬼丸は、次々と魔物を倒します。その度に体が戻ってきます。

しかし、体を取り戻しても、百鬼丸は、自分が助けた人たちに化け物呼ばわりされていました。そんな様子を見ているうちに、どろろは、次第に百鬼丸を支えるようになります。

スポンサーリンク

生みの母との再会後に魔物を倒して目を取り戻す

2人は、ある城下町に入りました。
絡んできたならず者を、百鬼丸があっさり倒します。
その様子を見ていた多宝丸という男が、百鬼丸に声をかけます。
百鬼丸を雇いたいと言います。

多宝丸について城に行くと、百鬼丸の着ていた着物を見て、多宝丸の母親は、それが我が子だと確信します。

百鬼丸も、多宝丸の母親に手を握られ、その女性の過去を視て、自分の境遇に気づきます。
どろろの元に戻った百鬼丸は、動揺していました。
百鬼丸の旅の目的は、実の親に出会う事もあったからです。
どろろは、百鬼丸の動揺を感じ取りました。

そこに、魔物が襲いかかりました。

百鬼丸は落ち着いて魔物を倒します。百鬼丸に目が戻ってきました。
百鬼丸が初めて自分の目で見たものは、どろろの顔でした。

百鬼丸は、どろろに「俺は仇を諦める。だからお前は生きろ」と語りかけます。

魔物と化した父親を倒して心臓を取り戻した百鬼丸は再び旅に出る

百鬼丸のために母親が心乱れているのを見て、多宝丸は百鬼丸を殺そうとします。
戦いの最中、刀が折れ、折れた刀が多宝丸のクビに刺さります。
母親の百合が来て、多宝丸に駆け寄ります。
百鬼丸は、切ない表情を浮かべ、立ち尽くします。

そこに景光がやって来ました。百鬼丸との決着をつけるためでした。
百合は景光を制止しようとしますが、景光は逆上して妻を斬り殺してしまいます。

そんな景光に、魔物が囁きます。

「多宝丸を蘇らせる代わりに、お前の体を寄越せ」

景光は了承し、魔物と化します。

百鬼丸は、魔物となった景光と死闘を繰り広げ、ついに景光を倒します。
百鬼丸に心臓が戻ってきました。
百鬼丸は、どろろに「胸の痛みが引いていかねぇ」と言います。

多宝丸は、兄である百鬼丸に、城に残って欲しいと言います。
しかし、百鬼丸は、まだ取り返していない体があるからと、再び旅に出ます。
どろろも一緒でした。

映画のネタバレになりますが、この時、まだ取り戻していない部位は24でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする