瀬田宗次郎のモデル沖田総司は美少年ではない?病気はなんだったのか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
漫画るろうに剣心を今すぐ立ち読みする

「るろうに剣心」に16歳で登場し、剣心を苦しめたのが、瀬田宗次郎です。
瀬田宗次郎のモデルは、沖田総司とされています。
沖田総司は美少年と言われていますが、どうだったのでしょうか?
病気についても調べてみました。

スポンサーリンク

天然理心流では近藤勇より腕が立った⁉︎伝説の剣技は三段突き

沖田総司は、江戸の白河藩屋敷で生まれたとされています。
生まれた年は、1842年または1844年の2つの説があります。
9歳頃、江戸市谷にあった天然理心流の道場・試衛館の内弟子となります。

若くして才能を見せ、塾頭を務めています。沖田総司が15歳の時、天然理心流の額が日野の八坂神社に奉納されていますが、4代目を継ぐ事が決まっていた近藤勇より前に、沖田総司の名前が記載されています。

沖田家累代墓碑には、天然理心流の他、北辰一刀流の免許皆伝を得ていた旨も記されています。沖田総司の稽古は厳しく、「刀で斬るな!体で斬れ!」と教えていたという言い伝えがあります。

沖田総司の剣技で有名なのは、「三段突き」です。天然理心流の平晴眼の構えから、踏み込みの足音が一度しか鳴らないのに、その間に3発の突きを繰り出したと言われています。
ただし、史実であるかは不明です。

→志々雄真実のモデル芹沢鴨の生涯!芹沢鴨暗殺事件とは!?

沖田総司の病気は肺結核だった!発病時期はいつ頃?

1863年の浪士組結成に参加して、沖田総司は上洛します。
その後、近藤勇らと新選組を結成。沖田総司は一番隊組長となります。
一番隊は、新選組の中でも重要な任務をこなしたと言われています。

1864年6月5日の寺田屋事件において、沖田総司は近藤勇らと共に、最初に寺田屋に踏み込んでいます。この奮戦の最中、喀血により戦線離脱したと言われています。『新選組始末記』によると、肺結核による喀血で倒れたとされています。

ただし、翌月の禁門の変にも近藤勇・土方歳三・武田観柳斎・永倉新八と共に出動していた記録があります。永倉新八の『新選組顛末記』には、沖田総司が池田屋で昏倒した事は記されていますが、「喀血」の文字は見られません。

寺田屋での昏倒の原因が肺病だったにしても、永倉新八ら周囲の者には、肺の病気が気取られない状態だったと考えられます。

1866年頃、幕府御典医の松本良順が新選組を集団検診しています。
その際、「肺結核の者が1名居た」と記しており、これが沖田総司ではないかと言われています。

1867年には周囲の人たちが認識し得るほどに病気は進行しており、『壬生浪士始末記』には、9月頃に沖田総司が大病を患ったとする記述が見られます。
松本良順により千駄ヶ谷の植木屋に匿われ、1868年に沖田総司は他界しています。

没時年齢については、24歳、25歳、27歳の3説が存在します。

スポンサーリンク

→るろうに剣心!十本刀のモデルやその後を追跡

沖田総司は美少年ではなかった⁉︎色黒のヒラメ顔だった

瀬田宗次郎のモデルとされる沖田総司は、多くの創作において、「色白の美青年」として描かれてきました。沖田総司の肖像画も残っています。

ただし、現在残っている肖像画は、沖田総司の姉のミツが孫の要を「総司にどこか似ている」と言った事から、要をモデルに描かれたものです。

新選組に関わった人たちの証言では、「美青年であった」とは書き残されていません。
沖田総司の容姿に関する記述としては、次のようなものが残っています。

※長身
※猫背
※肩の張り上がった
※色黒
※ヒラメ顔で笑うと愛嬌がある

ただし、「ヒラメ顔」については、「のっぺらぼうという意味ではなく」「目の間隔が寄っているから」と言われています。

沖田総司の写真は残されていません。ミツの証言によると、「沖田の次姉キンの文机の引き出しに彼の写真がある」と伝えられていました。

しかし、新選組研究者が引き出しを調べたところ、写真はありませんでした。
家を引っ越す際に、可燃ごみと一緒に処分してしまったのではないかとされています。

→るろうに剣心の煉獄は現代の値段は!?志々雄の財産3/5はいくら?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする