ちはやふるのモデル高校は?登場人物は実在するモデルなのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


↓ ↓ ↓
2週間無料トライアルでちはやふるを視聴する

『ちはやふる』は、末次由紀さんによる少女漫画です。
競技かるたに没頭する少女の青春を描き、競技かるたブームを巻き起こしました。
主人公の千早が高校3年生という設定の映画『ちはやふるー結びー』が、3月17日に公開される予定ですね。

そのスペシャルエピソード「ちはやふるー繋ぐー」が、2月20日よりHuluで先行配信されています。登場する主要な高校のモデル高校はどこでしょうか?

スポンサーリンク

千早や太一が通う瑞沢(みずさわ)高校!主要登場人物が在籍するあの会のモデルは?

千早や太一が通っているのが瑞沢高校です。東京都の都立高校で、進学校です。

千早が1年生の時に、創部1年目で東京都の予選で優勝を果たし、高校選手権の団体戦出場を決めました。千早が2年生の時に、東京都の予選で準優勝となります。
そして、北央(ほくおう)学園と共に出場を決めます。

モデル高校は無いとされています。

ちなみに、瑞沢高校競技かるた部の部員のうち、千早・太一・菫・秋博の4名が在籍している「府中白波会」のモデルは、東京都府中市にある「府中白妙会」とされています。
府中白妙会は、昭和63年に立ち上げられました。

『ちはやふる』に登場する「原田先生」のモデルは、府中白妙会の前会長の前田氏とされています。前田氏は、大学進学を機に綿谷新と同じ福井県から上京されています。

平成17年には全国福井大会で優勝されています。

瑞沢高校のライバル校の北央(ほくおう)学園!モデルは暁星高等学校競技かるた部

瑞沢高校のライバル校が北央学園です。北央学園は、東京都の中高一貫校です。
5年連続で高校選手権の団体戦に出場していました。

千早が1年生の時、東京都の予選で瑞沢高校に敗れて出場を逃します。
千早が2年生の時には、東京都の予選で優勝し、2年ぶりに団体戦に出場します。
全国大会の団体戦では、富士崎高校と対戦し、三位決定戦では明石第一女子高校と対戦しました。

この時、3位という成績を収めます。ヒョロが部長となった年に、決勝戦で富士崎高校を下し、念願の全国制覇を成し遂げています。

北央学園のモデル高校は、暁星高等学校競技かるた部とされています。

暁星高等学校は、私立高校です。競技かるたの名門として知られています。
競技かるた部は、1990年代はじめに創部されました。高校選手権大会で何度も優勝しています。『ちはやふる』の作者、末次由紀さんが取材に訪れた事があると言います。

スポンサーリンク

競技かるたの名門である富士崎(ふじさき)高校!モデルは静岡県立富士高等学校百人一首部

富士崎高校は、静岡県の高校です。
かるた部には50名以上の部員が所属しています。
競技かるたの名門です。

千早が1年生の時に、高校選手権の団体戦で13回目の優勝を果たしました。
千早が2年生の時に、全国大会の団体戦の決勝戦で対戦しています。
千早が3年生の時には、準決勝での対戦相手です。

メンバーは3年生のスタメン5人全員がA級選手です。

富士崎高校のモデル高校は、静岡県立富士高等学校百人一首部です。
百人一首部は、全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会の歴代最多優勝校です。
全国優勝を12回果たしています。

また、歴代最長連覇校で、1979年から1988年まで、全国大会10連覇しています。

新が通っている藤岡東高校

新が現在通っている高校が藤岡東高校です。藤岡東高校は福井県の高校です。
千早と太一に影響を受けた新を中心に、競技かるた部が創立されました。
全国大会準決勝では北央学園、三位決定戦では瑞沢高校の対戦相手となっています。

藤岡東高校のモデル高校は無いとされています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする