ドラえもん最終回!のび太植物人間や電池切れは本当か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

ドラえもんの最終回についての都市伝説があります。
1990年代の終わり頃から広まり始めた都市伝説です。
中でも有名なのが、「のび太植物人間説」と「ドラえもん電池切れ説」の2つです。

スポンサーリンク

のび太植物人間説!作者は再三否定している

「のび太植物人間説」は、1986年秋頃に子供たちの間で流行した噂です。
その年の夏に、作者の藤本弘氏が病気で入院したため、こうした都市伝説が広まったものと考えられています。

最終回にのび太が植物人間状態で横たわっているのが描かれるとされています。
「ドラえもんの話は、全て交通事故に遭ったのび太が見ていた夢だった」という内容です。
このチェーンメールは瞬く間に出回りました。

「この噂は本当か」という問い合わせが、『ドラえもん』連載学年誌の出版元である小学館に相次ぎました。問い合わせを受け、作者が正式に「ドラえもんはそのような突然で不幸な終わり方にはしない」とするコメントを発表する事態となりました。

しかし、作者のコメントが発表された後も、チェーンメールでは内容が追加されました。

「のび太は、実は、心身障害者で、ドラえもんはのび太による作り話」
「植物人間状態になったのび太を、ドラえもんがおぶって天国へと連れて行く」

こうした内容が、よく知られている最終回についての都市伝説です。植物人間説でもハッピーエンドになるものもあります。

「動かないのび太にドラえもんが自分の全てのエネルギーを与えて助けた。ドラえもんは停止してしまったが、のび太がドラえもんを抱きしめ、泣きながら『ドラえもーん』と叫ぶと、垂れた涙がドラえもんに当たった。その瞬間、ドラえもんが復活した。」この最終回についてのエピソードは、1991年にアニメ化された『丸出だめ夫』の最終回とほぼ同じ内容です。

ハッピーエンドのエピソードに関して、藤子不二雄氏の娘さんが作者に尋ねたそうです。
藤子不二雄氏は、「ドラえもんはそんな終わり方をしない、もっと楽しい終わり方にする」と答えた事が知られています。

ドラえもん電池切れ説!ストーリーを考えたファンの思惑を超えて一人歩きしてしまった

「電池切れ説」は、ドラえもんファンの一人が考えたものです。
「電池切れ説」のストーリーを考えたのは、1990年代に学生だったファンです。
その男性は、自分のWebサイトに、「僕が勝手に考えたドラえもんの最終回(仮)」として公開していました。そのストーリーがチェーンメールなどによって広まっていきました。

あらすじは、次のような内容です。

ある日、ドラえもんが突然動かなくなります。未来の世界からドラミを呼んで原因を調べたところ、バッテリーが切れていました。のび太は、バッテリーを換えてもらおうとします。

ところが、バッテリーを換えるとドラえもんは記憶を失うと、ドラミは言います。バックアップを取ろうにも方法が分かりません。開発関係者を呼ぼうとしますが、設計開発者の情報は開示されないものになっていました。

のび太は、迷った末、とりあえずドラえもんを押入れにしまい込みました。みんなには、「ドラえもんは未来へ帰った」と説明しました。

しかし、ドラえもんの居ない生活に、のび太は耐えられませんでした。のび太は猛勉強して、ロボット工学者になります。のび太は、しずかと結婚し、しずかの目の前で、修理完了したドラえもんのスイッチを入れます。

ドラえもんは復活し、「のび太くん、宿題終わったのかい?」と言います。
ドラえもんの開発者の情報が明かされなかったのは、のび太が開発者だったからでした。

ストーリーの作者は、当時、太陽電池の研究をしており、そこから思いついたストーリーだとされています。作者の氏名は、2007年1月の東京新聞、中日新聞のコラム内に明記されています。

ただし、このストーリーの作者は、自分の考えた話がドラえもんの最終話として一人歩きする事を望んでいませんでした。

チェーンメール化されている事を知った作者は、サイトを閉鎖しています。
しかし、ドラえもんファンのタレントが、「電池切れ説」を取り上げた事もあり、このストーリーは一層広まってしまいました。一部では、「電池切れ説」が真の最終回と誤解した人も居たと言います。

スポンサーリンク

原作者が当初考えていた最終回~「さようならドラえもん」~

当初、原作者が考えていた最終回の内容は、次のようなものでした。
『小学三年生』1974年3月号掲載の内容です。

ジャイアンにいじめられて帰ってきたのび太は、いつものようにドラえもんに甘えますが、ドラえもんは冷たい態度です。変だと感じたのび太が問い詰めると、ドラえもんは「未来の世界に帰らなくてはならなくなった」と告げます。

のび太は驚いて、ドラえもんを引き止めます。

しかし、ママからは「ドラちゃんにも都合があるのよ」と言われます。パパからも「人に頼ってばかりでは一人前になれない」と叱られます。のび太は、悩んだ挙句、ドラえもんとの別れを受け入れる事にします。

最後の夜、二人は一緒に夜の散歩に出かけます。
涙を見せまいとして、途中でドラえもんと別れたのび太は、寝ぼけてうろつくジャイアンをからかって喧嘩になります。のび太は、ジャイアンに何度も殴られます。

しかし、「ここでしっかりしないと、ドラえもんが安心して未来に帰れない」と考えたのび太は、必死につかみかかります。のび太はジャイアンに「俺の負けだ」と言わせます。

そこにドラえもんが駆けつけます。のび太は、ドラえもんに自分一人の力で喧嘩に勝った事を伝えます。ドラえもんに担がれながら、家に帰る途中、のび太はドラえもんに「もう大丈夫だから、安心して未来へ帰って欲しい」と繰り返し言います。

ドラえもんは泣きながら、その言葉を聞いていました。

のび太を寝かしつけたドラえもんは、しばらくのび太の寝顔を見守っていました。
部屋に朝日が射した時には、ドラえもんはどこにも居ませんでした。

雑誌掲載時には、この話の最後のコマに描かれているゴミ箱の文字は「OWARI」となっています。ただし、作者は、思い直して、後日、「帰ってきたドラえもん」を執筆しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする